スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Long Goodbye

 おかまを掘ってしまった。

 運転があまり上手ではないキスケはよく事故を起こす。

 
 今回の事故は完全に前方不注意。
 ぶつかったスピードは徐行なのでたいしたことはない。

 首が痛いな…とは思っていたが、これは仕事で体を酷使するからで事故とは関係ない。
 保険屋の話だと、相手は不安だといまだに病院に通ってるそうな。


 己を知っているので絶対保険には入る。
 ただ、今までとは少し事情が違う。


 キスケが乗っている通称ポルシェ君こと平成8年式トヨタスターレット。
 今までは一応車両保険に入っていた。

 だけど月々の負担を軽くしようと外資系の保険会社に鞍替えした。

 ここで一つ問題が。
 その会社は10年落ちの車だと車両保険に入れない。

 つまり…

 今回の事故で相手の車は直せるが自分の車は直らないということ。あーあ。

 見た目にボンネットが少し凹んでいるから直したいのはヤマヤマなんだけど修理代と時価額はほとんど変わらない。


 それなら…ということで、愛車ポルシェ君を手放す決意をした。
 3回車検受けたから6年近く乗ってるポルシェ君。
 
 オイルだだ漏れのポンコツ君だけど、乗り始めた当初は80,000㌔位のメーターは今、140,000㌔オーバー。

 一年10,000キロ位乗り回してる。

 こいつと一緒にいろんなところへ行った。
 思い出は尽きない。

 まだ乗れる。
 でも、20年近く経過した車の燃費と最近の車の燃費を考える。



 迷った。

 迷った挙句、手放す。


 多分ポルシェ君はこの後あんまり裕福じゃない人の元に行くんだろう。
 日本国内とは限らない。知らない国で知らない国の人の手にわたるかもしれない。


 大事にしてもらえるといいが。


 乱暴なオーナーでごめんよ。
 いままで、ありがとう。
スポンサーサイト

カルチャーショック

 先日、友達を誘ってカラオケへ行ってきた。

 小中高と同じ学校に通っていたのに面識も無く話したことも無かった人なんだけど縁とは不思議なもの。
 
 なぜだかかれこれ4年くらい友達付き合いしている。

 本人の許可無く書くけど人物特定されるわけじゃないからまぁいいか。



 その子はちょいと訳ありで、心の病を抱えている。
 一番酷いときはこちらの仕事中に死にたいなどと電話してきたりメールしてきたりだったから気づいたらなるべく早く返信するようにしていたし、今でもそうしている。

 ボランティアやってた頃の経験で、返事が遅くなったりすると見捨てられた感が強くなり逆ギレを誘発することもあるし衝動的にリスカに走ったりすることもあったりするのがわかってるので、当時は正直気が休まらなかった。


 ところが最近いいお医者さんにかかってるのか、かなり落ち着いてきてちょびっとだけ働けるまでに回復。

 それに伴いメールも電話もなくなって、ほっとしていた。


 迷惑だったからほっとしたんじゃなくて死にたいとかの衝動にかられることもなくなったんだなって彼女が平穏に暮らせてるんだなってことでほっとしたんだけど。


 彼女は最近facebookで近況を報告してる。

 最初はgreeでつぶやいてた。
 当時の内容がなかなか酷かった。

 私は強い女と無理やり自分を鼓舞してた。
 書いてる内容から、とっくに臨界点は超えてるなってのが読み取れた。
 その年頃の女性が日記として書く内容では無かったな。

 改行とかもしてないから文章全体が読みづらいってのもあったなww
 
 ちょうどその頃のオイラは印刷会社辞めたばっかりの頃、収入は減ったけど自分の時間があるっていう開放感を満喫してた。

 彼女はその頃は小さい会社を事実上一人で切り盛りしてて疲弊してるのにかなりの無理を強いられてた。
 と、いっても終電で帰れるくらいの仕事だから、一番酷いときには帰りが明け方になってた俺とは比較にはならんがww
 

 ちょくちょくやり取りするようになって、彼女の半端無い自殺願望に正直戸惑っていた。


 こんなとき、どうすればいいんだろう??

 オイラにできることはなんでもやった。と言っても鬱に関する本を片っ端から読み漁っただけだけど。
 
 いろんなアドバイスもした。

 後から考えたらオイラの言うとおりにしていてくれたら全部いい方向にいってたのになぁって思うことばかり。
 だけど彼女はオイラにアドバイスを求めていたわけではなくて人形とか犬猫みたいに話を聞いてくれさえすればよかっただけなので当然アドバイスには耳を傾けない。

 そもそも会話するときでもへんてこりんな敬語を織り交ぜてくる。
 ラポール作りがうまく言ってないから実際のところ心を開いてくれてはいなかったんだろう。


 ずっとそんな感じだったんだけど、最近某先生に紹介されたところへ通っているからなのかいつしか死にたいメールは影を潜めてた。


 ところが最近facebookで不穏な空気を感じた。

 たまたま所用で休みを取り午後まるまる空いてたので彼女を半ば強引にカラオケに誘った。


 カラオケルームに入って彼女は歌本を探し始めた。

 おいおい、そりゃ20世紀のカラオケだよ。

 ところがその時ちょっと分かった気がした。


 確かに10年位前は通信カラオケでも歌本をおいてあるカラオケ屋はあった。
 けれども今ではデンモクが主流で歌本なんてめったに見ない。


 勝手な想像なんだけど、彼女は小さい体で働きづめで友達とカラオケに行く機会なんかなかったんじゃなかろうか。

 娯楽の無い生活ほど味気ないものは無い。
 実際オイラだって家に寝に帰るような生活を続けてたとき心がおかしくなった。

 他人のためにプライベートを削って削って仕事に尽くしてきたんかな。

 時間が取れなくて当時付き合ってた恋人とも別れついにはパンクしてしまった彼女。

 
 でも今回は彼女の話を何にも聞かずに一心不乱に時間いっぱい歌い続けた。
 彼女もふっる~いアニソン歌ってた。


 一端打ち解けたようにも見えてやっぱりへんてこな敬語を織り交ぜて話す彼女。
 ブログの書き方やネタなんか、絶対オイラの影響うけてるくせにまだまだ心は開いてくれてはいないようだけどww自分にできることは可能な限りしたいと思う。




 友達だからね。

津田でありたい

 こいつはふと思いついてfacebookにも載せたんだけど、オイラにとってはこちらがメインなので改訂版を。


 今日はいい夫婦の日。

 同級生にゃそろそろ孫ができてるのもいるんだろうが相変わらずの独り者。


 付き合ってくれ

 と言わずに

やらせてくれ

 と言ってしまうからいかんのだろう。

 
 ここへ来て、建前の重要性を痛感する。

 
 お世辞とか謙遜とか大嫌いでかなり本気で生きてきた。
 真っ向ストレート勝負で生きてきたけど年齢的にカーブやチェンジアップ覚えたほうがいいのかな。



 スーパーで買い物するとクリスマスソングが流れてる、あぁ、今年もまた一人ぼっちかな。

続きを読む

なう

author

キスケ

Author:キスケ
不眠症克服したお

当ウェブログについて

当ウェブログは三重はなしょうぶの会の活動とは関係ございません。

当ウェブログの各テキストの著作権は管理人に帰属します。管理人の許諾なくウェブログの記事の一部又は全部をそのまま又は改変して転用・複製・転載・頒布・切除・販売することは著作権侵害となりますのでご注意ください。
尚、管理人の考え方に同意されており非営利目的であると当方が認めた場合はこの限りではありません。

管理人は当ウェブログの内容に細心の注意をはらっておりますが、その正確性あるいは有用性について保証するものではございません。
当ウェブログにおき提供された情報が原因で発生した間接的障害、派生的損害について一切責任を負いません。

当ウェブログを閲覧される方は上記同意したものと判断いたします。

最新記事

無何有郷

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カウンター

ブログ検索

リンク

里親募集

RSSフィード

カレンダー

09 ≪│2017/03│≫ 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

コメント

Cabi

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

星が見える名言集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

トラックバック

QRコード


このページのQRコード

方言変換

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。